Latest Entries

冬休みが明けて、授業が始まりました

 新年あけましておめでとうございます。
 冬休みが明けて、1月10日(火)から授業が始まりました。大掃除のあと全校集会(校長先生のお話と校歌斉唱)が行われ、続いて1・2年生と看護科3年生は課題テスト、普通科3年生は授業が実施されました。
 全校集会で校長先生は、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥先生(京都大学教授)の研究の歩みを例に挙げながら、どんな挫折に苦しむことがあっても夢をあきらめずに努力を続けることの大切さについてお話しされました。

IMG_0569_s.jpg

吹奏楽部アンサンブルコンテスト宮城県大会で銀賞

1月9日に東北大学の萩ホールにおいてアンサンブルコンテスト宮城県大会が行われ、本校吹奏楽部は、
金管八重奏で銀賞
木管八重奏で銀賞
をそれぞれ受賞しました。
応援いただきましてありがとうございました。

PTA主催で合格祈願の「力餅」が振る舞われました

 12月22日(火)の放課後、PTA主催の「力餅」行事が行われました。
 PTA役員とお手伝いの保護者の皆さんが、受験を粘り強く乗り切ることを願って餅をつき、高校3年生と専攻科2年生に「力餅」として配付したほか、在校生・専攻科学生・職員・保護者たちに雑煮を作って振る舞いました。
 餅つきには生徒や教員も参加しました。列を作って並ぶ生徒たち。雑煮を振る舞う保護者の皆さんもてんてこ舞いです。1俵(60kg)の米でついた大量の餅は、あっという間に少なくなりました。
 みんなで温かい雑煮に舌鼓を打ちながら、盛大な合格祈願祭となりました。

161222_blog02.jpg

冬休みに入りました

 12月22日(火)、2時間の授業と大掃除をしたあと、冬休み前の全校集会が開かれました。
 はじめに賞状伝達が行われ、四十数件におよぶ部活動などの成果が次々と表彰されました。
 続いて校長先生から講話がありました。校長先生は、「ストレスの多い社会にあっても一流の人が挫折しないのは、レジリエンス(精神的回復力)が高いからだ。各自がレジリエンスを高めて、ストレスと上手につきあう方法を見つけ、自己肯定感を回復する力をつけてほしい」というお話をして下さいました。
 年明けの授業は1月10日(月)からになります。

161222_blog01.jpg

吹奏楽部 アンサンブルコンテスト仙南地区大会の結果

12月17日(土)に、えずこホールで「アンサンブルコンテスト仙南地区大会」が行われました。
本校からは4チームが出場し、全て金賞をいただきました。
1月9日の県大会には、木管8重奏と金管8重奏の2チームが出場します。

専攻科看護科のケーススタディ発表会が開かれました

 12月20日に、専攻科看護科2年生によるケース・スタディ発表会が開催されました。
 これは、5ヶ月にわたる臨床実習で学んだことを学生一人ひとりが整理して発表するものです。朝9時から昼食をはさんで午後4時まで、基礎看護・成人看護(急性期/慢性期/終末期)・老年看護・小児看護・精神看護の分野別に、次々と学生が演壇に立ち、パワーポイントでプレゼンテーションを行いました。
 国家試験を目前に控えた学生らしく、発表内容は非常に専門的で、とても頼もしく感じました。

IMG_0478_s.jpg

ディベートで1回目の試合が行われました

 1年次のM&Tタイム(総合的学習の時間)では、先月からディベート学習をしています。各クラス40人が5人ずつ8班に分かれて準備を進めてきましたが、いよいよ12月19日(月)に、各クラス内での最初の試合が行われました。
 論題は、「白石高校は学校敷地内における生徒のスマホ利用を禁止すべきである。是か非か。」でした。抽選で対戦相手を決めて討論を行いました。45分間の中で2試合を行うため、1試合あたりの時間が短く、十分に議論を深めることができない場面が目立ちましたが、どの班も一生懸命に討論をしていました。

IMG_0472_s.jpg

1年次クラス対抗「長縄跳び」大会

 12月14日(水)のLHRの時間に、1年生の「長縄跳び大会」が開かれました。クラス対抗で、10分間に跳んだ合計回数を競いました。クラス全員がタイミングを合わせて跳ばないと、誰かの足に縄が引っかかってしまいます。連続して跳ぶのは意外に難しいことです。
 最終的には、合計101回跳べた5組が優勝し、賞品にお菓子のツリーが授与されました。

161214_blog.jpg

1年生「保育出前講座」が行われました。

 12月12日(月)から14日(水)にかけて、1年生の生徒全員(普通科・看護科とも)を対象に、保育に関する出前講座が行われました。これは、「親になる前の世代の高校生を対象に、親育ち・子育て等に関する講話を通して、家庭を持ち、子を産み、育てるということの意義をきちんと理解させ、将来自らが親になったときにどのように成長していくべきかについて意識啓発を図る」ことを目的とした県の事業として、本校で毎年実施されている企画です。
 今回は、宮城県生涯学習課から家庭教育支援チームの皆さんを講師に招いて、各クラス単位にワークショップの形式で授業をしていただきました。受精から出産までの胎児を実物大の絵で見たり、3キロ程度の荷物をお腹に負ったり、赤ちゃんの模型を抱いたりして、妊娠や出産の苦労と喜びを少し体験しました。
 将来よき父・母となってほしいものです。

161213_blog.jpg

1年生「保育講話」が行われました。

 12月7日(水)午後、1年生の生徒全員(普通科・看護科とも)を対象に、保育に関する講話が行われました。これは、親育てを支援する環境づくりの取組の一環で、将来自分が親になったときに子どもにどのように接するべきかについて意識啓発を図ることを目的とした県の事業として、本校で毎年実施されている連続企画の1回目です。
 今回は、講師として尚絅学院大学附属幼稚園長の岩倉政城先生を招き、「百のことばより一つの抱っこ ♪歌で辿る子どものこころの旅路♪」という演題でお話をしていただきました。先生は、赤ちゃんは、授乳・オムツ替え・入浴・添い寝・おんぶ・抱っこなどをしてもらう際に親と密着することによって、周囲の人間に対する基本的な信頼感を獲得する。親になったときに、子どもを遠ざけたり一人にするのではなく、しっかり抱っこをしてあげることを忘れずに育ててほしい、などとお話されました。
 先生のざっくばらんな語り口や、日本や外国のポップミュージックを題材に使って教室を縦横に走り回りながらのお話はとても楽しく、生徒達は飽きることなく聴くことができたようです。講演後には質問も出るなど活発な講演会でした。
 将来「良き社会人」とともに「良き親」にもなってほしいと思います。

161207_blog.jpg

Appendix

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

アクセス数(since 2010/4/9)