Latest Entries

前期選抜の合格発表

 2月9日(木)午後4時に、前期選抜の合格者が発表されました。中庭に普通科72名、看護科12名、七ヶ宿校8名の合格者の受験番号が掲示されると、集まっていた中学生や保護者から次々と歓声があがりました。
 合格した皆さん、おめでとうございます。入学手続きの詳細は、後期選抜合格発表の際に通知されますので、しばらくお待ちください。

IMG_0674_s.jpg

1年生の「M&Tタイム」クラス対抗ディベート大会

 2月6日(月)午後、1年生のクラス対抗ディベート大会が開催されました。昨年の秋から「M&Tタイム」の時間に取り組んできたディベート学習の総仕上げとして行われたものです。「日本は、自衛隊を専守防衛と国際緊急人命救助だけを目的とする組織にすべきである(武力行使を伴う国外への自衛隊派遣は、国連PKOを含めて一切禁止される。憲法を改正して、9条に上記の趣旨の規定を追加する)、是か非か。」を共通テーマに、1組~7組(看護科を含む)の生徒が各クラス8班に分かれ(全部で56班)、計28ラウンドで討論を行い、勝敗を競いました。
 年末年始を挟んでの準備作業は、テーマが難しいため大変でしたが、どの試合においても多様なメリット(肯定側)・デメリット(否定側)がぶつかり、白熱した議論になりました。
 接戦の結果、1組が6勝2敗で優勝、4組と6組が共に5勝3敗で準優勝となりました。

IMG_0606_s.jpg

普通科1年生の救命講習

 1月24~25日(火~水)の2日間にわたって、普通科1年生を対象に救命救急講習が行われました。
 日赤仙台支部から講師の先生を招いて、AED(自動体外式除細動装置)の使い方など、応急手当・救命処置の基礎知識について学びました。みんな真剣に取り組んでいました。

170124_blog.jpg

美術部「県高校美術展」の審査結果

第69回宮城県高等学校美術展において、本校美術部2年生の作品2点が「奨励賞」を受賞しました。
出品校 74校、作品出品総数545点の中の快挙です。
美術展は1/22(日)まで県美術館の県民ギャラリーにて開催中です。どうぞご覧ください。

冬休みが明けて、授業が始まりました

 新年あけましておめでとうございます。
 冬休みが明けて、1月10日(火)から授業が始まりました。大掃除のあと全校集会(校長先生のお話と校歌斉唱)が行われ、続いて1・2年生と看護科3年生は課題テスト、普通科3年生は授業が実施されました。
 全校集会で校長先生は、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥先生(京都大学教授)の研究の歩みを例に挙げながら、どんな挫折に苦しむことがあっても夢をあきらめずに努力を続けることの大切さについてお話しされました。

IMG_0569_s.jpg

吹奏楽部アンサンブルコンテスト宮城県大会で銀賞

1月9日に東北大学の萩ホールにおいてアンサンブルコンテスト宮城県大会が行われ、本校吹奏楽部は、
金管八重奏で銀賞
木管八重奏で銀賞
をそれぞれ受賞しました。
応援いただきましてありがとうございました。

PTA主催で合格祈願の「力餅」が振る舞われました

 12月22日(火)の放課後、PTA主催の「力餅」行事が行われました。
 PTA役員とお手伝いの保護者の皆さんが、受験を粘り強く乗り切ることを願って餅をつき、高校3年生と専攻科2年生に「力餅」として配付したほか、在校生・専攻科学生・職員・保護者たちに雑煮を作って振る舞いました。
 餅つきには生徒や教員も参加しました。列を作って並ぶ生徒たち。雑煮を振る舞う保護者の皆さんもてんてこ舞いです。1俵(60kg)の米でついた大量の餅は、あっという間に少なくなりました。
 みんなで温かい雑煮に舌鼓を打ちながら、盛大な合格祈願祭となりました。

161222_blog02.jpg

冬休みに入りました

 12月22日(火)、2時間の授業と大掃除をしたあと、冬休み前の全校集会が開かれました。
 はじめに賞状伝達が行われ、四十数件におよぶ部活動などの成果が次々と表彰されました。
 続いて校長先生から講話がありました。校長先生は、「ストレスの多い社会にあっても一流の人が挫折しないのは、レジリエンス(精神的回復力)が高いからだ。各自がレジリエンスを高めて、ストレスと上手につきあう方法を見つけ、自己肯定感を回復する力をつけてほしい」というお話をして下さいました。
 年明けの授業は1月10日(月)からになります。

161222_blog01.jpg

吹奏楽部 アンサンブルコンテスト仙南地区大会の結果

12月17日(土)に、えずこホールで「アンサンブルコンテスト仙南地区大会」が行われました。
本校からは4チームが出場し、全て金賞をいただきました。
1月9日の県大会には、木管8重奏と金管8重奏の2チームが出場します。

専攻科看護科のケーススタディ発表会が開かれました

 12月20日に、専攻科看護科2年生によるケース・スタディ発表会が開催されました。
 これは、5ヶ月にわたる臨床実習で学んだことを学生一人ひとりが整理して発表するものです。朝9時から昼食をはさんで午後4時まで、基礎看護・成人看護(急性期/慢性期/終末期)・老年看護・小児看護・精神看護の分野別に、次々と学生が演壇に立ち、パワーポイントでプレゼンテーションを行いました。
 国家試験を目前に控えた学生らしく、発表内容は非常に専門的で、とても頼もしく感じました。

IMG_0478_s.jpg

Appendix

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

QRコード

QR

アクセス数(since 2010/4/9)