Entries

合格者・先輩の体験を聴く会が開かれました

 3月19日(月)、合格者体験講話(普通科)と、修了生講話(看護科)が開かれました。
 普通科では、今春4年制大学と公務員試験に見事合格した卒業生を7人招き、1・2年生に対して受験勉強のしかたなどについて話をしてもらいました。
 また看護科では、5年間の課程を終えて今春の看護師国家試験に挑戦した先輩を3人招き、高校課程1~3年と専攻科1年の生徒・学生に対して、看護師国家試験対策の勉強や就職活動、あるいは上級学校への受験勉強について話をしてもらいました。
 どちらの会場でも、卒業生(先輩)たちの勉強ぶりに、在校生は熱心に耳を傾けていました。

180319_blog.jpg

男子ソフトテニス部 仙南シングルス大会結果

 3月17日~18日に角田中央公園テニスコートで開催された第6回仙南シングルス大会において、本校テニス部2年生が、準優勝と3位になりました。
 ご声援ありがとうございました。

2年生の「M&Tタイム」課題研究の発表会

 3月16日(金)に、2年生が「M&Tタイム(総合的な学習の時間)」で昨年秋から取り組んできた「課題研究」の発表会がありました。
 午前中は「ポスターセッション」という形式で、全58班が自分たちの研究を2枚のポスターにまとめパネルに掲示して発表しました。2年生に加えて1年生も全員が見学しました。
 このポスターセッションに対して、生徒・教員・来場者による投票が行われ、6つの班が午後の全体発表会でパワーポイントによる詳しい研究発表を行いました。
 6つの班の発表に対して、校長先生はじめとする先生方、および生徒会長と各クラス代表生徒によって構成される審査団が審査を行いました。審査の結果、最優秀賞には「言葉の力」について研究した班が、優秀賞には「センター試験の得点からみる最高の勉強法」について研究した班が、優良賞には「アルギニンの効能」について研究した班が、特別賞には「筋肉疲労」について研究した班が選ばれ、それぞれ賞状が授与されました。

180316_blog.jpg

校庭の梅

 校庭に植樹されている同窓会設立記念の紅白梅が咲きはじめました。ここ数日の宮城県は最高気温が20度近くまで上がり、春の訪れを感じるようになりました。

180314_blog2.jpg

後期選抜の合格発表と、入学準備書類の配付

 3月14日(水)午後3時、後期選抜の合格者が発表されました。
生徒昇降口付近に陣取った吹奏楽部生徒によるBGM演奏の開始と同時に、普通科151名・看護科28名・七ヶ宿校1名の合格者の受験番号が発表されました。集まっていた中学生と保護者が一斉に駆け寄り、次々と大きな歓声があがりました。
 校門周辺は、部活の勧誘チラシを配布する在校生と中学生・保護者で大混雑となりました。
 また前期入試の合格者も含めて、体育館で合格者全員に入学準備書類の配付が行われました。
 合格した皆さん、おめでとうございます!
 新入生および保護者の方々は、26日(月)に予備登校があります。写真撮影や教科書などの購入もありますので、忘れずに登校して下さい(予備登校について詳細は受け取った書類をよくご覧下さい)。

180314_blog.jpg

スキー新人大会の結果

 3月3日(土)~4日(日)にオニコウベスキー場にて宮城県高等学校スキー新人大会が開催され、本校山岳部スキー班の2年生が出場しました。結果は、男子ジャイアントスラローム 10人中5位、男子スラローム 9人中5位でした。
 応援ありがとうございました。

三校合同写真展のお知らせ

下記のとおり名取北高校、伊具高校、本校の三校で写真展を行います。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。
日程:3月17日(土)午前10時 ~3月25日(金)午後6時
場所:LaLaガーデン長町 光の広場(1階 ユニクロ前)

専攻科の修了式が行われました

 3月1日(木)午後、多数の御来賓を迎えて、専攻科看護科の修了式が盛大に行われ、2年生38名が巣立ちました。
 学校長は、修了生一人ひとりに修了証書を授与したあと、式辞で、「ノンフィクション作家の柳田邦男氏は、医療現場はマニュアル化することが難しくスタッフの感性が問われるところだ、と述べている。患者様には一人一人に長い人生の物語がある。その喪失感に配慮し、豊かな感性で安定感のある看護をすることによって病気と向き合う心を取り戻させることができる看護師が求められている。謙虚に学び、感性ある看護師として活躍されることを願っている」と述べて、修了生を激励しました。
 来賓の祝辞に続いて、在校生代表の送辞と卒業生代表の答辞が交換され、最後に皆で校歌を斉唱しました。
 なお、修了生の看護師国家試験の合格発表は3月26日(月)になりますが、合格を前提に全員進路(就職先・進学先)が決まっています。

180301_blog02.jpg

卒業式が行われました

 3月1日(木)午前、多数の御来賓を迎えて、高校課程の卒業式が盛大に行われ、全日制課程普通科・同看護科・定時制課程普通科(七ヶ宿校)の3年生(合計292名)が巣立ちました。
 式では、各クラス代表に卒業証書が授与されました。そのあとの式辞で学校長は、「人はどこに所属するかで価値が決まるのではない。与えられた場で悩んだ末にベストを尽くすことが大切だ。学んだことを活かして堂々と生きて欲しい。国連難民高等弁務官だった緒方貞子さんは、『前例がなくても困っている人がいるなら助けなければならぬ』と言って、従来の基準では難民認定ができなかったイラク北部のクルド人たちを難民として認定し救助する道を開いた。このように皆さんも、それぞれの道において根源的な優しさで弱き者の力となれる存在になってほしい」と述べて、卒業生を激励しました。
 PTA会長の祝辞に続いて、在校生代表の送辞と卒業生代表の答辞が交換されました(送辞と答辞の交換は本校代表と七ヶ宿校代表それぞれ2名ずつ行われました)。最後に全員で校歌を斉唱しました。

180301_blog01.jpg

同窓会「碧鵬会」の入会式

 卒業式を翌日に控えた28日(水)午前、本校の同窓会「碧鵬会」の入会式が行われました。
 「碧鵬会」は新白高の同窓会として発足した若い同窓会で、会長はじめ主な役員は1~2回生の卒業生です。
 入会式では、会長あいさつ・学校長あいさつに続いて、幹事の委嘱と記念品(卒業証書ホルダーとコサージュ)の贈呈が行われました。
 毎年8月には総会が開催されています。卒業生の皆さん都合をつけて集まるようにしてください。

180228_blog02.jpg

Appendix

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

QR

アクセス数(since 2010/4/9)